読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたりの話

kinki kids 一人語り

日経エンタ。2017.4 続き。

続いて剛くんのインタビュー。

 

先に言います。

不覚にも涙こぼれました。

 

ある宮大工さんの言葉。

 

まっすぐな木ばかりの建築物よりもクセのある木を混ぜることよって耐久性が倍になると。

 

剛くんはクセのある木。

良い意味で頑固一徹なまっすぐな光一さんと付き合えるのが僕ですと。

剛くんが対立するタイプだったら毎日殴りあいだそうです。(笑)

 

 

若い頃は仲が悪く見える方が面白かったけど、今はあんなおっさんとこんなおっさんがいるみたいな感じで楽で楽でと(笑)

つきものがおちるといってましたが、本当にそんなフワッとした今のKinKi Kidsとても好きです。

 

そしてインタビューの最後。

ただ共通してるのが『僕らが良いと思う曲を出す』というこだわり。

何気ない、いつもの言葉なのですが。

 

彼としか作れない時間がいっぱいある。

 

と締めておられました。

 

本当に何がこんなにも心が震えるのかわからないけど、剛くんの最後の言葉に涙こぼれました。

 

なんか知らんけど。

剛くんありがとうなぁ。